人気ブログランキング |

Fiorita フィオリータです。



カテゴリ:自分の勉強( 47 )


蠍座が水星に・・・/占星術を学ぶ@大阪

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき、
誠にありがとうございます。

謎の体調不良や気候病の方も多いようです。
適度に休息を挟む事はとても大事です。
ですが・・・
先程、蠍座のお部屋に水星が入ってきました。
追求したい事・学びたい事・スキルアップしたい事などがある方は、
今こそディープに勉強する時です。
じっくりゆっくり、深く深く追求するようなテーマにご興味がある方は、
是非今時期は興味の矛先に没頭してみて下さい。
f0008555_20232228.png




わたし自身も、占星術を再び学び直したいと考えています。
占星術が大好きなのに、得意な分野です!と大手を振って言えないジレンマを解消したい。

こちらのブログでは占星術・ホロスコープを使って日々のいろいろな情報をお伝えしてます。
日々の流れを惑星の動きから読んで伝えるのは楽しい作業です。
でも・・・実は、占術として使うというイメージが自分の中に芽生えないのです。
占星術の世界観は大好きなのに・・・134.png

実際の鑑定には滅多に占星術を使いません。
時期を特定する時や運気の流れを知りたい方などには使いますが、基本はタロットです。
タロッティストとして鑑定しています。
タロットは得意だし、好きだし、クライアントサマのお悩みに対して
答えを導きだす事が出来るのに。。
という訳で、
自分のジレンマを解消する為に、占星術の復習作業に入っております。

先日、占星術アプリの講座といえば、この方!
賢龍雅人先生の講座を受講する為に大阪まで行ってきました。
(賢龍先生は、以前ワタクシが主催した占星術の講座に講師としてお招きした事があります。)

初夏に今回の講座主催のエリカさんと賢龍先生とお話しする機会があり、
その時から受講をしよう!と楽しみにしていました。

占星術を操るにはホロスコープアプリを操れるのが必須です。
今回の講座で面白い事を沢山学べたので、
何かのカタチで皆さんにもフィードバックしたいと思っています110.png
本当にお世話になりました162.png

天秤座の太陽の影響か?
やっぱり何か楽しいカタチでリリースしてみたいです。

♡今時期のテーマは♡
深く追求し、学んだ事を今までの価値観にはない新しいカタチで、
楽しめるカタチで発信する。
発信方法は言葉や文字がマストです。

そんな感じです・・・


177.pngフィオリータHP

お問い合わせがありましたら→こちらから

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます
応援クリック励みになります↓↓↓







by fiorita44 | 2019-10-04 21:14 | 自分の勉強 | Comments(0)

自尊心って何だろう~太陽と自尊心~

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき、
誠にありがとうございます。

先日、シリーズで受講させていただいている、
鏡リュウジ先生と東畑開人先生の講座を受講してまいりました。
テーマは【太陽と自尊心】です。
お話しを聴いている内にだんだんと自尊心の概念?本当の意味が解らなくなってきました。
デジタル辞書で検索してみると・・・

じそんしん【自尊心】

自分を優秀な者だと思う気持ち。尊大に構える心。プライド。 「 -が強い」
自分の品位を保とうとする心。プライド。 「そんなことは-が許さない」

という感じです。

自尊心は高い方がいいと思います。でも・・・・

(以下、東畑先生が言ってましたが・・・↓)
実際に自尊心がめちゃ高い人が職場や周りの環境に存在したら・・・
ちょっとウザいですよね。
という事をおっしゃっていました。
自尊心というポイントをしっかりと踏まえた上で、
クライアント様を診ている先生だからこその言葉ではないでしょうか。

でも、自尊心が低い人が多いから、自己啓発本が流行った訳ですし、
自分主体でいろ!という話も多くなる訳です。
自尊心を高く!高く!!高くーーーと煽る傾向があるように感じます。

そこそこ自尊心が低いのは、日本人にはありがちかもしれません。
教育や育てられた時代・環境によりと思います。
でも、めちゃくちゃ自尊心が低くなると、
今度は何故だか攻撃的になる傾向があると思います。

自尊心が低い傾向の方とお話ししていると、他者の振る舞いが過敏に感じられようで
ちょっとしたミスも許さない方が多いように感じます。
「あの店の対応が悪い!」「あんなやり方信じられない!!」という調子で、
どうしても他者批判が多くなっているように感じます。

自尊心は高すぎても、低すぎてもダメで塩梅が難しい・・・

講座の中で承認欲求についてや、自己愛についてのお話しもされていたので、
自尊心を語る上で、他者に認められるか?否か?は重要ポイントなようです。
自己愛を発達させる為にも、他者の影響は大きいらしいです。
※自己愛は「多い」「少ない」で表現しないようです。
「発達」しているか「未熟」かで表現するそうです。

自尊心はやたらと育てなくていいし、自己愛も承認欲求もほどほどがいいけど、
自分自身を好きになる事は大切だと感じます。

さて、ホロスコープを見てみると・・・
午前中、月が蠍座に入りました。
急にやる気スイッチが入った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

物事に対して深く洞察したくなる方もいるかもしれませんが、
無駄に混乱してしまう流れですので、シンプルに捉えた方がいいようです。
思考が発動すると、混乱を引き起こしそうです。

また、天王星の影響もあり・・・
他者からの影響が大きいようです。
人のフリ見て・・・的な出来事もあるかもしれませんし、
誰かの影響で自分が大きく成長したり、改革したりするかもしれません。
いずれにせよ、他者の言動や行動に注目です。
きっと学びがあるはずです。
f0008555_22140868.png



177.pngフィオリータHP

お問い合わせがありましたら→こちらから

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます
応援クリック励みになります↓↓↓




by fiorita44 | 2019-09-03 22:24 | 自分の勉強 | Comments(0)

牡牛座4天体・自分の能力を振るう/ルネッサンスの神秘思想を学ぶ

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき
誠にありがとうございます。

ホロスコープを読んでみると・・・
牡牛座の位置に4つの星々が集結しております。
こんな時は、牡牛座の性質がいろいろと影響を及ぼすのではないでしょうか。








自身の感性感覚を信じて存分に伸ばす事が大事であり、
そうする事がとても自然でもあり、合理的。
自分が得意ではないもの、自分がやらなくててもいいような事は手をつけない方が無難です。
得意な人に任せておきましょう。

自分が生まれ持った特技や先天的に受け継いでいる特性のようなモノを生かして使う。
理由は解らないけど、とにかく好きだと感じる事。
興味・関心の矛先が、自然と向いてしまうモノに気持ちを注ぐといいかもしれません。

自分の中にしまっておいた趣味や関心事がある方は、
表に出してみても良い時かもしれません。
思わぬ所で必要とされたり、何かの・誰かの役に立つ事があるかもしれません。

先日、ずっと受けたいと思っていた伊藤博明先生の講座を受講してきました。
正確に言うと、鏡リュウジ先生との対談だったので、
講座というよりは、お話しを聴かせていただいたイメージです。
何故だか、今までタイミングが全く合わずに先生の講座を受講できずにいたので、
とにかく実際にお話しが聴けて良かったです。

f0008555_22480520.jpg
『ルネッサンスの神秘思想』という本を愛読させていただいているので、
お話しを聴くのがとても楽しみであり、反面・・・
お話しをしっかり理解出来るのか?心配でもあったのですが、
伊藤先生はとてもユーモアがあり可愛くて(←本当に申し訳ありません!)
終始、近くの受講生の方とクスクスと笑いながら受講するという、
和やかな雰囲気でとても良い感じでした。

何故?クスクスかというと・・・(←本当に失敬ですみません汗・・・)
伊藤先生が、本当に好きな事を一生懸命に我々に伝えようとしていて、
その姿が少し少年ぽいというか、冗談を言いながら自分で突っ込んで、
自分自身でクロージングする。そんな感じがツボでした。
頭がいいからこそ、話の展開が早いのだと思いましたが、
カタいだけではなく、興味をそそられるお話しの仕方に(多分、ご本人は意識していないはず)
学ぶ事が沢山ありました。

勿論、内容も素晴らしかったのですが、伝えようとする姿勢にリスペクトです。
ご本人は伝えようというよりは、
自分の興味がある事を知って欲しい一心なのかもしれません。
(とてもマイペースに進行されていたので、そう思いました。)

これもまた、今日のホロスコープ・星々のメッセージにシンクロです。
興味があり、好きだと思える事を真っ直ぐに伝える事は、
元々持った備え持った能力を武器に進んで行くイメージです。
正にマストです。


177.pngフィオリータHP

お問い合わせがありましたら→こちらから

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます
応援クリック励みになります↓↓↓




by fiorita44 | 2019-05-16 23:12 | 自分の勉強 | Comments(0)

『運命を考える』???

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき
誠にありがとうございます。

タイトルにもありますが、
昨日『運命を考える』講座を受講してきました。
講師は鏡リュウジ先生と東畑開人先生です。
たまたまこのテーマだっただけで、私自身運命を考えたい訳ではありませんし、
自分自身の運命を深く考えるコトに興味もありません。
それは多分『今・現在』の方が興味があるからだと思います。

ただ、鑑定のクライアントさんやサロンに来て下さる方々から
『運』や『運命』や『宿命』や『使命』について質問されるコトが多く、
自分自身の運命は考えなくても、他者の運命については考えるコトが多いので
何かヒントがあれば・・・と思い受講しました。
いつもの鏡先生の講座だと圧倒的に女性が多いのですが、
この日は男性が物凄く多かったです。
何かしら現場で人に向き合っている職の方達かしら?
男性の方が運命を考える機会が多いのかしら?
(講座内容はネタばれになるので、ご興味ある方は両先生の著書を)

先生自身も、風呂敷を広げ過ぎたかな・・とおっしゃっていましたが、
短時間にめちゃくちゃ多くの情報が詰め込まれていて、
解釈・まとめに四苦八苦してしまいました。

そんな中で、最も印象的だったのは・・・
フロイトのヒステリー研究から抜粋されている、
『悲劇をありふれた不幸に変える』。

結局の所、自分の運命をコントロールするのは自分。
自分だけだと心もとない場合は、家族・友人・知人、
もしくはカウンセラーに頼るのも健全ですし、
私達のような鑑定師に依頼するのも解決の糸口を見つける
きっかけになると思います。
自分の方向性を決める時は、柔軟に外からの意見を。
そして、最終決断は自分。

『運命は決まっている』と掲げる方々もいます。
そういう考えに共鳴するのも、自分だし。
『運命は変えられるよ』と説く方々もいて、
それを信じて行動するのも、自分。

あまりにも自由だと、たいてい人は不安になるもので、
何かの定義を探したがりますが、
その定義すら実は自由。だと私は思っています。
所詮、生身の人間が決めた定義です。
何を信じるか・軸にするかを定めるという事が重要なのです。

さて、ホロスコープを見てみると。。。


f0008555_21393037.png
月と土星が90度の位置になりました。
何か自分の意見や想いを貫きたくなりそうです。
自分の為に貫くのであれば、それはとても良いコトですが、
他者に目線がいってしまうと・・・
自分の信念や考えを他者に理解させようとごり押しをしてしまいそうです。

良い意味で自己満足の領域を出ないように。。。
自分が正しいと思うのであれば自信を持って!
他者にそれを認めさせようとすると、ちぐはぐになりそう。

月と火星がほぼ向き合っています。
惑星達も『自分の為に行動する』イメージを推奨しています。


フィオリータHP

お問い合わせがありましたら→こちらから

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます
応援クリック励みになります↓↓↓




↑ Thank U×××


by fiorita44 | 2018-11-02 21:55 | 自分の勉強 | Comments(0)

タロットについて考える/思考ツールとしてのタロット講座

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき
誠にありがとうございます。

台風凄いですね。
大きな被害を見ると心が痛いです。
皆さんが無事でありますように。

一昨日、鏡リュウジ先生と米光一成さんのお話しを聞いてきました。
講座タイトルは「思考ツール、創造ツールとしてのタロット」
タロットについての講座に、
米光さんが講師として立たれているのが不思議な感じでしたが
とても興味深いものでした。

米光さんの著書「思考ツールとしてのタロット」を元に
お話しが進んでいきました。
f0008555_17443563.jpg
タロットを今までの切り口とは違う視点でお話ししていただき
その中でも印象的なお話しは・・・ご本人の体験談。

米光さんは、いろいろな人に相談されやすく、
ただ相談に乗っていると心もとないので
(ご本人、何様?と思われるからというような事を言ってました。)
ツールとしてタロットを使うようにしてみたとの事。
(ざっくり裏覚えですが・・・)

相談者の中には、答えが決まっているのに相談してくる。
という話にとても共感しました。

米光さんいわく・・・→
とある相談者が結婚を迷っているからタロットで占ってあげ、
占い結果を話そうとした矢先に「やっぱり結婚は止めます!」と言う相談者。
実際に出たカードは「太陽」で、
本来ならば結婚に対してネガティブな意味を持たないから、
GOすればいいものの・・・
多分、ご相談者の中では、既に結婚に対して否定的な想いを持っており、
結局どのカードが出たとしても結婚を止めたがっていたのでは?と。

ようするに、占い結果などは関係なく
自分の意見を後押ししてくれる何かが欲しい訳だったのですね。

同じような現象に私も遭遇します。
メール鑑定や電話鑑定ではない事ですが、
対面鑑定では、あるあるな話でワタシのジレンマでもありました。
そのようなクライアントさんは、後押しだけを欲しいのも解っていたけど、
私自身、モヤモヤと納得いっていなかった訳です。。。
でも、米光さんの話を聞いていたら(良い意味で)どうでもよくなりました。
このような事例に直面すると、
せっかく全身全霊集中して鑑定しているのに・・・って、
虚しくなっていましたが、本人の背中を押すきっかけになるのであれば、
鑑定結果をそのまま受け取ってもらわなくてもいいのかなーと。

今までは、無意味さだけを感じていましたが、
物事の意味を受け取り手に委ねると思えばいいのかも。
相手のボキャブラリーや価値観に任せるのもいいですね。
それだけで鑑定が意味を持つのかも。と思った訳です。
今までもそうしていたつもりですが、
そこまで手放せてはいなかったのかも。

これは、私のように言葉やコトダマを人に渡す仕事以外の方にも
参考になるのではないかと思いました。
通常のコミュニケーションの流れの中にもある話。
自分の意図ばかりではなく、相手に任せる事で
それぞれの価値観から生まれる事もあるという。

今回の講座を聴いて、とても気が楽になりました。
鏡先生の貴重な知識も、ちらほらと聞けましたし、
あのぷよぷよの生みの親から、タロットが語られるのも
ちょっと面白かったです(^^

物事はいろいろな切り口がありますね。
柔軟に軽やかに行きたいです。

フィオリータHP

お問い合わせがありましたら→こちらから

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます
応援クリック励みになります↓↓↓




↑ Thank U×××








by fiorita44 | 2018-09-05 17:30 | 自分の勉強 | Comments(0)

アイデアを自由に想像/古家さんと野島直人さんの講座

こんにちは。
いつもFioritaフィオリータにお越しいただき、
誠にありがとうございます。
粘膜系が弱っている方が多いように感じます。
フェイスラインから指3本目付近には粘膜のつぼがあるので
ちょと押してみて下さい。楽になるかも。

さて、もう少ししたら、月と火星の関係により
頭も冴えて、アイデアも沸いてくるかもしれません。
ただ、少しココロがざわつく感があるので、
アイデアが浮かんだら自由に想像するもよし、
あまり深く考えずにメモっておくもよし。
このアイデアに対して、カタチにしようとするのは
今ではないかもしれません。
アイデアを温存しておくイメージでいた方が良さそうです。
肩のチカラを抜いて過ごすといいかもしれません。



f0008555_18004418.png

さて、先日半ヲタ活動の一環として、
いつも受講している古家さんの講座に参加してきました。
今回は、日本人初ミュージカル「パルレ」の主役に抜擢された
野島直人さんがゲストでした。

野島さんは劇団四季出身で、
様々なご縁で韓国語も解らない状態であれよあれよと
韓国ミュージカルの主役として抜擢されたという
不思議な経歴を持つ俳優さんです。

共通言語もなく、特に知人がいる訳でもなく、
韓国という国にも、韓国の芸能にも興味を示していなかったのに
ご縁とタイミングと人脈で大きなチャンスを手に入れたそうです。
人と人のつながりで成り立つ韓国社会に溶け込み、
言葉も解らない外国人として仕事が出来たのは、
野島さんの人たらし?人を引き付ける魅力ゆえだと思いました。
野島さんが教室に入ってくるなり、周りの雰囲気が一転。
ぱぁーーと明るいオーラ―で太陽みたいな方です。
物凄いパワーの持ち主で、人を魅了するチカラが半端ない。

そして、何といっても。ご本人の熱さ。
全てをポジティブに変換させる感じがある。
MCの達人・しゃべりの天才古家さんも、
野島さんのお話しを相槌のみで聞いている時がありました。
ポジティブオーラに圧倒される気持ち、納得です。。
古家さんいわく
「もっとお話しを聞いていたいけど、時間が・・
でも、僕満足です!お話しが聞けて。」と。

最後の質問タイムで受講生の方が
「アメリカや韓国は、タブーとされる題材をミュージカルで表現するが
何故、日本の作品ではその部分を避けるのか?
その事について、野島さんはどう考えているのか?」
という質問がありました。
(質問者の方は、海外のミュージカルも好きで度々観劇に行くそうです)

野島さんは、ご自身の経験や体験を元に丁寧に答えて下さいました。
それについては割愛しますが、
それぞれの国の良い部分を取り入れたい想いがあるそうです。
「パレル」は庶民の悲哀・外国人労働者の人種差別
経済格差について織り交ぜられています。
社会的な問題を取り入れた作品でも韓国ではロングランとなるそうです。

韓国がミュージカル大国なのは知っていましたが、
深く濃い内容が求められているという現状は知らなかったので
とても新鮮な気持ちでお話しを聞けました。

ご本人は「運だけでここまできました!」と
謙虚に笑顔で何度も言ってましたが、
話を聴けば聞く程、そんな訳がないという事が解りました。
言葉の勉強・身体作り・ヴォーカルレッスンへの取り組み方が
半端ではないのです。
何かを真っ直ぐにやり遂げるという事は、
こういう事なんだな・・・と。学ばせていただきました。

本当に皆にパワーを与えてくれる人です。
今度是非、野島さんの作品を観てみたいと思います。
韓国語の上演でも、タブレット端末を貸してくれたり
字幕を出してくれるそうです。

ちなみに、講座の内容とは全然関係ないのですが、
ヲタ的に一番ときめいたのは、
ヴォーカルレッスンのエピソードの時、野島さんいわく
「僕のレッスンの後にBIGBANGの子が来てました」と!
私の超推しテソン君は声帯が弱く、
ヴォーカルレッスンを定期的に受けています・・・
という事は、野島さん!テソンと同じ先生に習っているのですか??

さておき、とにかく行動あるのみの熱くパワフルな野島さんでした。



f0008555_20534481.jpg
(古家正亨さんのTwitterから画像お借りしました)


フィオリータHP


by fiorita44 | 2018-05-11 18:46 | 自分の勉強 | Comments(0)

火星ー怒り/鏡リュウジ先生×東畑開人先生の講座

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき
ありがとうございます。
凄い雷でしたね、みなさま大丈夫でしたか?
そして、足元悪い中ありがとうございます。
天候に負けないよう、しっかりとケアさせていただきました。

さて、
火星についての講座を受講してまいりました。
講師は鏡リュウジ先生と東畑開人先生です。
受講のきっかけは勿論占星術であり、
火星に対して理解を深める為に受講したのですが、
臨床心理士である東畑先生がお話ししてくれた
「怒りの精神分析」もとてもタイムリーなお話しでした。
(いつものように、講座についてはネタバレになってしまうので
両先生の著書をご参照下さい。)
というのも・・・
鑑定をさせていただいたり、サロンでお話しさせていただくと
「怒り」についてコントロール出来ない方が多いと感じる事が多く、
その点について、
何か適切なアドバイスを出来るような知識が欲しいと思っていたので
とってもタイムリー。。。
何かに「怒り」を向けている方、
いつも何かに対して「怒って」いる方がいるかと思えば、
「怒り」を極端に抑えているような方もいて、
何だか「怒り」の感情を持て余している方が多いように感じます。

東畑開人先生の話によると、現代では怒りを制御して
Feeling goodな関係性を営む事を求められて、
怒りが飼いならされていると。(←ざっくりです)
確かに、空気を読みなさい。と言われて育てば、
最も争いの元となる「怒り」は自然と抑圧するようになりますよね。

また、様々な心理学者や精神分析家の見解があり、
怒りの根拠は様々である。という事もご説明いただきました。

結論として「怒り」は必要な感情だという事。
そして、「怒り」の根拠を理解して、
ただめちゃくちゃに「怒り」を表現するのではなく、
しっかりと話し合えるような、
正当な「怒り」の感情を表すのは大事だという事。
通常はあまり向き合いたくない「怒り」の感情に対しての
考え方が少しクリアになりました。

鏡リュウジ先生がお話ししてくれたのは、
「怒り」の惑星・火星についてです。
神話では火星は軍神アレスとして語られます。

資料として鏡先生が見せてくれたアレスです↓
先生がブヨブヨだとか、戦意を感じられないとディスってましたが、
確かにそう思います。(いろいろな意味がありこの姿で描かれてます。)
f0008555_19451326.jpg
そして、私が大好きな作品。
ボッティチェリのプリマヴェーラも資料として見せてくれました。
(この絵の中にも、実はアレスがいる!)
とても気に入っている作品なので、サロンにもポスター飾っています。
f0008555_19381610.jpg
この作品も大好きです↓
『ヴィーナスとアレス』
f0008555_19372846.jpg
ちなみに鏡先生は、この絵画について
「一戦交えた後のエロ画」とご説明してくれました(笑)
噴き出したのがワタシだけで、恥ずかしかったです・・・
あまりに的を得ていたので。

火星とアレスとヴィーナスの立ち位置や感情が
上手く表現されている絵画ですね。
鏡先生もおっしゃっていましたが、
ボッティチェリはかなり占星術をやっていたので、
占星術的サインがいろいろと込められているようです。

一般的な絵画の説明には・・・
『メディチ家によって統治される
フィレンツェを支配していた人文主義的な表現』
『不和と戦の象徴である軍神マルスは疲れ果て横たわる姿で
描かれているのに対し、愛と美の象徴である女神ヴィーナスは
今は動かない不和の象徴を一松の憂いを感じるかの如く・・・』云々。
なんだか政治的な見解ですね。
とはいえ・・・
寝室に飾る絵画としてオーダーされた作品らしいので、
それは表向きな見解なのではないと思ってしまいます。

また、新プラトン主義的な解釈によると、
官能的な愛の勝利ではなく、理性的な愛の勝利を意味しているそうです。
ヴィーナスがマルスに勝利しているという解釈です。
絵画の解釈は様々ですね。。。だから面白い。
みなさんはこの絵画の解釈、どう思います??

モデルは美女と名高い若き人妻シモネッタ・ヴェスプッチと
メディチ家のハンサムボーイ♡ジュリアーノ・メディチ
ではないかと言われています。
2人は悲恋ですが、不倫の関係で、
ヴィーナスとマルスも不倫の関係です。。。
東畑先生いわく、不倫とは最大の怒り表現との事です。

いろいろと深いお話しを聞かせていただき、
意味深い講座でした。
(わたくし、絵画が大好きなので、話がそちらにそれてしまいました。
ボッティチェリの事になると話が長くなるのでここまでにします。)


フィオリータHP


by fiorita44 | 2018-05-10 20:30 | 自分の勉強 | Comments(0)

タロットの図像の勉強・いつもの講座・『ⅩⅢ』のカード

本日もFioritaフィオリータにお越しいただき、
誠にありがとうございます。

今日は何故だかご予約のお申込みが殺到してしまい??
しかも、不思議とみなさんの好む日時が被ってしまいました。

ご希望の日時にご予約が承れなかった方々・・・
大変申し訳ありませんでした(涙
でも、みなさんご予約の日時を調節して下さったので、
本当に助かりました。ありがとうございます♡

さて、先週
以前より連続して受講している
タロット図像解説の講座を受けてまいりました。
講師は先日、私が主催した占星術講座の講師も
お願いした伊泉龍一先生です。

今回は鑑定で現れると、たいていの方が動揺する
「死」のカードの図像を解説していただきました。
絵柄やルーツを分析すると、何もコワイ事はないし、
鑑定としてカードを視ても、そんなに絶望的な事はないのです。

「死」の概念は、時代や国や宗教観でいろいろです。
(ネタばれになるので、詳しくは先生の書籍をご参照下さい。)
「ⅩⅢ DEATH」が語り掛けてくる意味は、
「死」をどのように捉えるかにもよるようです。

とはいえ・・・デッキによっては、
かなりディープな絵柄で描かれている時があり、
「シニガミ」とか「し」というサウンドもディープなので、
ビビッてしまっても仕方がないかもしれない・・・
と、思う時もあります。

でも、ワタシの鑑定を受けて下さっている方には、
なるべく解りやすく、易しく、優しく・・・
「死神」のカードの意味をお伝えしているつもりです。
だから、視覚に飛び込んできたイメージだけで怖がらないで下さいね!
あまり怯えると、他のカードとの関係性がめちゃくちゃになってしまい、
『鑑定』の意味が、本質からズレてしまうのです(涙

私の鑑定スタイルは、並べて置いたタロットカード達を、
並び・配置で一つの絵画だと想定しながら読んでいきます。
なので、一つのピースだけで一喜一憂しないで下さいね。

さて♪
ワタシの30何個目?かのタロットコレクション。
新たなタロットデッキを手に入れたのですが・・・
このデッキの「死」はヤバイです(笑)

「Ⅱ THE HIGH PRIESTESS」や
f0008555_21463693.jpg
「Ⅵ THE LOVERS」はとても美しいのに。。。
f0008555_21480083.jpg
「ⅩⅢ DEATH」
f0008555_21461947.jpg
やばすぎる。。。((((;゚Д゚))))

フィオリータHP



by fiorita44 | 2018-05-02 21:56 | 自分の勉強 | Comments(0)

青・緑・紫、色彩瞑想法/古家さんとシミョンさんの講座

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき
誠にありがとうございます。

HPの予定表は手動ですので、
対応が遅くなってしまう時はごめんなさい(汗
フォームからご予約をいただいた場合は、
連動していて直ぐに反映するのですが、
口頭でご予約いただいた時や、
LINEやメールでご予約をいただいた分については
せっせと手動で入力してますww アナログですみません。。。

なので、希望のお時間が埋まってしまっていても
変更が出たりで、対応可能になる場合もありますので、
一応、ご連絡いただければ幸いです。
朝一のご予約は事前にご連絡いただいていないと対応出来ませんが、
その他の時間は対応可能かもしれませんので、ご連絡下さいね♡
逆に『空いているみたいだけど、予約していい?』と、
せっかくご連絡くださったのに・・・
フォームを修正出来ていなくて、対応出来ない場合もあります・・・
いろいろご迷惑おかけいたしますが、ご理解していただけると助かります。

さて、ホロスコープを読んでみると。。。
月と木星が90度の角度ですが、
日付が変わるころには月と天王星の関係が良い感じ。
何だかモヤモヤしていた気持ちがピークを迎えて、
超モヤモヤになっていくかもしれません。
でも、その先には見えてくる感じがあるはず。

あまり難しく考えずに、
解毒の時はぐちゃぐちゃするのは想定内だと捉えてみましょう。
昨日に引き続き、ゆっくり心地良い事にフォーカスして過ごしましょう。

心が落ち着かない時には、色彩瞑想法もおすすめです。
色彩呼吸法とも言うようですね。
色を想像しながら、色に包まれるイメージで、
深く呼吸し瞑想するシンプルな方法です。

鎮静作用のある緑や、深海のような青を想像しながら、
ゆっくりと目を閉じて、鼻から吸ってーー口から吐いて。

f0008555_22343059.jpg

紫もおすすめです。
思考よりもインスピレーションを優位にしてくれます。
f0008555_22355321.jpg
瞑想しながら、眠りに入れたらベスト☆彡


さて、古家さんの講座に行ってきました。
私のヲタ活番外編です。
(前回の古家さん講座記事→古家さんと吉田さんの講座

今回のゲストはMnetのプロデューサーであり、
kconのコンベンション部長であるノ・シミョンさんでした。
kconとは、今週末3日間幕張メッセにて開催されるイベントです。
その裏話などを聞かせていただきました。

古家さんは、前日まで胃腸炎で入院していたらしいのですが
この講座の為に頑張って来てくれたらしいです。
「講座を楽しみにしてらっしゃると思って、頑張って来ました!
夜の番組はキャンセルしたんですよ。」と、げっそり顔。。
週末はKconのMCで忙しいのに・・ほんと、お疲れ様です。
ボロボロ状態なのに、しっかりと場の雰囲気を上げていて
プロ根性を見せてもらいました。
テンション低いはずなのに、物凄く楽しかったです。

古家さんも、シミョンさんも私と同じ年。
同じ年の人達が頑張っている姿は、とても刺激になります。
(シミョンさんは、とても面白い方でしたが、
同い年には見えないような貫禄があってびっくりしました・・)

kポファンや、韓流ファンの方はご存知だと思いますが、
日本と韓国の芸能・エンタメって仕組みが全く違います。
ざっくりですが、
日本では事務所がアーティストのお世話をすると思いますが、
韓国ではファンがアーティストのお世話をするシーンが多いです。
liveの米花輪もそうですし、テレビ収録の差し入れ(ケータリング)も
ファンがお金を出し合って準備してあげたり。
ファンとアーティストの距離が近いです。
身近だからこそ、親しみある裏話が沢山ある。

そして、エンタメの傾向にも違いがあって、
シミョンさん曰く、
日本のエンタメは古き良き時代を受け継いでいて、
韓国のエンタメは新しいものをどんどん取り入れる。
だそうです。
これ、エンタメだけではなく、他にも言える事かもしれません。

講座でもお話しがありましたが、
以前は全て日本が最先端と言っても過言がありませんでした。
音楽もファッションもアートもいろいろと。

私はお洋服が大好きなので、よくファツション誌に目を通しますが、
今は正直、日本が最先端とは思えない。
良いモノや素敵なデザインを作り出すのは日本かもしれませんが、
それをアレンジして着こなし発信するのは、他国の方だったり。
音楽やアートもその流れを感じる時が多いです。

音楽界の発信にも、違いがあります。
音源の音盤の売り方に差があるので、当然ではありますが・・
古家さん曰く「Kpopは観る音楽だ」と。

YouTubeなど、動画サイトでも
日本のアーティストの公式MVは直ぐに削除されるけど
Kpopアーティストの公式MVは削除されるどころか、
拡散されている。(させている?)
そうなると世界中の人が動画を観る機会があり、
ファンになるきっかけとなる訳です。
最近、欧米での人気が物凄いバンタンが良い例ですね。

音楽もファッションもアートも、
それぞれの国の良い部分をピックアップしながら、
お互いに伸びていけたらいいですね。

ちなみに、私はごりごりなKpopヲタですので、
「韓流ドラマでおすすめはありますか?」
という質問は困ってしまうのでしないで下さいw
全然知らないし、詳しくないのです・・・


フィオリータHP


お問い合わせがありましたら→こちらから

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます
応援クリック励みになります↓↓↓




↑ 皆様ありがとうございます


【占星術の講座を開催いたします(^^♪】
↑ご興味のある方は、こちらをご覧くださいませ♡






by fiorita44 | 2018-04-11 23:11 | 自分の勉強 | Comments(0)

海王星を徹底研究する講座を受けて/ロセッティ―と海王星

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき、
誠にありがとうございます。

先日『海王星を徹底研究する』講座を受講してまいりました。
講師は鏡リュウジ先生です。

海王星の解釈は私的に本当に難しいのですが、
貴重なお話を沢山聞けて、とても勉強になりました。
講座内容をお話ししてしまうとネタばれになってしまいますので、
ワタクシの個人的なコトに絡めてのお話しになります。

鏡先生のお話しの中で様々な書籍が登場しました。

最近、マイ本棚の書物達を読み直そうと思っていました。
でも、何から読み直そうか・・・と、悩んでいた所です。

まずは、鏡先生が強く勧めていたリズ・グリーンの本と
f0008555_23024262.jpg
ダイアンフォーチュンを読み直そう。と思いました。
f0008555_23023132.jpg
本当は、アレイスター・クロウリーの本から読み直そうとしてましたが、
(表紙がキモい)
f0008555_23040865.jpg
リズグリーンとダイアンフォーチュンからにしよう。。。

講座の中で、ダイアンフォーチュンの
ホロスコープも見せてもらったのですが…
しっかりと、海王星の影響を受けていました。

ダイアンフォーチュンは、オカルティストであり神秘主義者。
そして、魔術師。

海王星はMystic→神秘主義者を意味します。


そして・・・ワタクシが最もときめく、絵画のお話しが登場。
いきなり頭が冴えましたよ!

先生のPCから登場したのは、こちらの絵画です。
『ベアタ・ベアトリクス』
ラファエル前派のGabriel Rossettiの作品ですね。

ダンテ・ガブリエル・ロセッティ―先生の作品は、
本当に美しくて、どこか官能的です。

彼にとってのミューズは沢山います。
かなりの浮気者で色情狂なんて言われていましたが、
沢山の女性と関わりインスピレーションを受ける事が、
彼らにとっては耽美であり芸術だったようです。
男としては超最悪ですが、芸術家としては魅力となるのかも・・

妻のシダルは、ロセッティ―の浮気の為にアヘンを常用し
死産まで経験した上に、自殺してしまいました。
そして、落ち込んだロセッティ―が追悼の意味で描いたのが、
『ベアタ・ベアトリクス』なのですね・・・
(超簡単過ぎる説明で申し訳ない。ご興味ある方は、グーグル先生まで)
f0008555_23072587.jpg
そんな、クレージーなロセッティ―のホロスコープも
見せていただいたのですが・・・
やはり海王星が影響している。。。

海王星の影響が強い場合、二重生活を送るそう。
そして、無秩序でカオスを象徴する惑星なのです。

また、海王星は「水」を表し「水」は男性にとっての女性を表す。
この「水」は、不確かで信用出来ずに、不安定。
そして、他者との境界線がないのも海王星の特徴。

…仲間の妻と深い仲だったロセッティ。
海王星の影響をかっつり受けてるじゃん!


ちなみに、ワタクシ2015年に名古屋へ行った時に、
ラファエル前派展に足を運んでおりまして
あまりにも感動して、東京に来た時に再び同じ展覧会を見ています。

2014年の六本木も2回

彼らの作品は退廃的過ぎてクラクラしますが、
何故か癖になる魅力があるのです。
こんなムードもなんだか海王星っぽいですねー

「人魚姫」を書いたアンデルセンのホロスコープも、
海王星の影響を強く受けているようです。
何だか不思議。

海王星を更に掘り下げてみたくなりました。


【占星術の講座を開催いたします(^^♪】
↑ご興味のある方は、こちらをご覧くださいませ♡



by fiorita44 | 2018-03-10 00:54 | 自分の勉強 | Comments(0)


恵比寿・代官山のsalon  Fiorita
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
Fioritaフィオリータ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
最新のコメント
検索
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧