Fiorita フィオリータです。



カテゴリ:映画・本( 86 )


乙女座下弦の月/ボヘミアン・ラプソディー/マーキュリー=水星

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき
誠にありがとうございます。
お疲れの方や焦りMAXの方も多いようですね!
当然です・・・もう12月ですもの、、涙
そんな中でも、サロンに足を運んで下さったり鑑定依頼して下さって感謝です。
少しでも癒しや活力になりますように。

さて、2018年11月30日 9:19頃 乙女座の位置にて下弦の月です。


f0008555_16441279.png
下弦の月なので、何かをスタート!!というよりも、
次の新月期の為に準備というイメージ。

『乙女座』の影響が強いので、整理整頓・調整がテーマです。
また、太陽・木星・水星の影響もあり、
思っている事や夢を具現化させる為に計画を立てるにも最適な時です。

現実的なスケジュールも、夢や願いなどのぼんやりとした想いも、
いずれにせよ・・・調整や設定をしておくといいかもしれません。

妄想が好きな方で、夢を現実化するというよりも
空想しているだけで幸せ♡というタイプの方もいると思います。
例え、頭の中のファンタジックな幻想であっても、
何か記しておくと、後から見た時に重要なヒントになるかもしれません。
文字でも言葉でも絵でもいいと思います。
視覚的に確認出来る事であれば何でも・・・
私は、絵を描く事が好きなので落書きで記したりもしています。
(写真や詩的な言葉で記してみたいですが、実行できていません(´;ω;`)・・)

後、乙女座の月は「常識的ではないもの」や「普通はこうだよね!」
という枠から外れているモノに対して、拒絶する傾向があります。
多分、恐れからくる行為だと思いますが・・・
とても勿体ない事なのではないでしょうか。

見慣れていないから・・・自分とは違うから。。。
と、直ぐに背を向けずに、一旦視線を送ってみるのもいいかもしれません。
価値観はそれぞれであり、
『ワタシの価値観』と『アナタの価値観』がリンクするとは限らない。
同意しなくてもいいけど、
「そういうのもアリだよねー。」と眺めてみるのもいいのでは。

さて、今話題の『ボヘミアン・ラプソディー』を観てきました。
Fioritaに来て下さる方も、お友達も、忘年会などの集まりの席でも
『ボヘミアン・ラプソディー』の話題が上がり・・・
シンクロしまくり。

元々、観るつもりでしたが、
ディープヲタクなワタシの優先順位は、
BTSのドキュメンタリー映画が最優先でして、
フレディーは、後回しになってしまっていました。
でも「早く観てーーー」と多くの方に言われたので急いで劇場へ。

ちなみにクィーンの大ファンのMさんは、
2回観てまだ足りずに3回目を計画中のようです。
解ります。ファンは当然ですね!

まだ、観に行っていない方も居ると思いますので
ネタばれは出来ませんが・・・
わたくし、ラスト数分は大号泣で涙止まりませんでした(泣
涙腺崩壊し過ぎです。。。(途中でも沢山泣きましたが)
座ったまま観ているのがもどかしかったです。

魂のこもった音楽や歌声は、
本当に本当に多くの人々に影響を及ぼすんだ!と、
改めてクィーンの・・・フレディーの才能に感嘆いたしました。

クィーンの仲間がいなかったら、フレディーは輝かなかったと思います。
フレディーの歌声や才能がなかったら、
クィーンはレジェンドにはならなかったと思います。
周りを取り巻く「人々」の大切さ・重要さを感じます。

これは、劇場で観るべき☆
時間があったら、胸アツ上映に参加したいです!


フィオリータHP

お問い合わせがありましたら→こちらから

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます
応援クリック励みになります↓↓↓




↑ Thank U×××


by fiorita44 | 2018-11-30 16:00 | 映画・本 | Comments(0)

何かを成し遂げたいけどどうすればいい?太陽/レディーバード

いつもFioritaフィオリータにお越しいただき
誠にありがとうございます。

最近、イレギュラーな変更が多いので、
もし「急にゆっくりケアしたくなった!」という気持ちになった方は、
予約可能時間をアップしている予定表が終了していた場合でも、
一応、LINEかメールしてみて下さいね☆
電話は99%出ないので、かけないで下さい・・・

さて、ホロスコープを見てみると。。。
「何かを成し遂げたい気持ちと」
「でも、その方法が解らない」もしくは
「やる気が起きない」というムードになりがちです。
夢を持つ事は大事です。
でも漠然と膨らんでいくと、夢が夢で終わってしまうかもしれません。
自分の今やれる事にフォーカスして、
柔軟に対応出来る訓練をしておくのが先決かもしれません。

新月2日前、何だかフワフワしがちですが、
それはそれでいい。と思える気持ちが大事。

さて、先日観た『レディーバード』の劇中でも、
高校生の主人公が母親に対して
「私は何かを成し遂げる人になる!」と豪語するのですが
それに続く言葉が・・・
「でも、夢はまだない」。なんか、可愛くないですか?
とにかく、認められたい訳なのです。
人は誰かに承認されたい生き物なのかもしれません。
f0008555_23185013.jpg
まだ自分が何者か解らないような10代はもちろん、
ある程度の大人の方も、
何らかの形で認められたい気持ちがあるように感じます。
ただ、これからの時代は、他人に認められる事を考えるよりも、
自分が自分を認めてあげられればそれでいいのではないかと・・・
私は思っています。

この映画、様々なアワードにノミネートされてますね。
レビューを見ている、賛否両論ですが私は好きです。
この年代の雰囲気も好きだし、
いろいろな問題がナチュラルに盛り込まれている点も、
さらりと問題提起されている感じがいい。
お目当てのシャラメ君(「君の名前で僕を呼んで」を観てからファン)は、
ほどよく嫌な男を演じてました。。。
(もっと素敵な役でお願いしまーす)


by fiorita44 | 2018-06-12 23:16 | 映画・本 | Comments(0)

星のせいで、ぼんやり/君の名前で僕を呼んで~CALL ME YOUR NAME

こんにちは(^^♡
いつもFioritaフィオリータにお越しいただきありがとうございます。

めちゃくちゃ暑いですね。
外が夏の匂いでびっくりです。
急に季節が変わり、ココロもカラダも驚いてしまい、
ぼんやりとしている方も多いかもしれません。

でも、これ・・・気候や気圧だけのせいではないかもしれません。
もしかしたら、星のせい?
ホロスコープを眺めてみると、
ぼんやりとした惑星の配置があります。
何やら集中力が欠けて、
ふわふわと地に足がつかない雰囲気となりそうです。

ただ、若干情緒的ではありますが・・・感性は冴える時です。
自分の感覚を解放してあげて下さいね。
思考するよりも、感覚で。
面白い斬新なアイデアが出てくるかもしれません。
テーマは自由に。

また、
他者に良い事をされたら、自分も良い行いをしているのかも。
他者に嫌な事をされたら、自らを振り返ってみて下さい。
人との交流やコミュニケーションにヒントがあります。
広く交流するよりは、
自分の気に入った人や好きなコミュニティーを
楽しんでみるといいかもしれません。
そこに、キーがあるかもしれません。

さて、さて。。。
f0008555_22090867.jpg
沢山のアワードにノミネートされているので、
ご存知の方も多いと思います。
原作を読んでから、映画を観たいと思っていたのですが、
何故か・・洋画は早く終了してしまう昨今の日本の上映事情を考慮し、
先に劇場に足を運ぶコトにしました。

賛否両論、好き嫌いが大きく分かれる作品のようですが、
私はとても気に入りました。

「Call me your name」となってしまう位に、
相手に溶け合って、他者に自分を投影し、
シンクロして同調する。
他者の中に自分を視るという、究極な関係性を描く内容でした。
f0008555_22132999.jpg
この作品は恋愛映画ですので、
他者を見て学ぶという領域を超えてしまってましたが、
向き合う相手から自分自身を学ぶという範囲で見ていけば、
なるほど・・・なストーリーでした。

前半は、北イタリアの美しい風景や主人公の貴族的な休暇にうっとり。
色彩や映像が美しく、ヒーリング映画のように感じました。
考古学教授の父に翻訳家の母。
英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語が話せ、
ピアノもギターもプロ並み、
洗練された編曲もお手の物な美少年エリモが主人公です。
出来過ぎ感満載で、本当にヒーリング♡
教養高く誌的なセリフも胸に響きます。

でも、後半進むにつれて、エリモの痛々しい恋愛感情に
懐かしいような、苦しいような感覚を覚えました。
最後のシーンではすすり泣いてる観客の方も多く、
なんとも切ない内容でした。

可愛いガールフレンドがいるのに、
彫刻的な美青年への恋に夢中になり節操がない!
けしからん!!というレビューも目にしますが・・・
道徳的な視点だけではなく、違う切り口でみると
いろいろな事が見えてきます。物事は多角に観察したいです。

舞台は、1983年頃。いろいろな事が理解されない時代、
厳格な規律があるはずのユダヤ人の彼が、
自由な両親の元で育つとどのような感性になっていくのか・・・
とても興味深いところでもあります。
エリモのお父様のセリフに心を打たれたという感想を多々聞きます。。

おすすめ映画として推薦する作品ではありませんが、
とても素敵な作品でした。

主演のティモシーシャラメ君は、これから注目なイケメン俳優ですね。
f0008555_22063479.jpg
ルックスだけではなく、頭脳も半端ないそうです。
コロンビア大学とニューヨーク大学で学ぶ秀才。
主人公の背景を地でいっている感じですね。


f0008555_22121762.jpg
映画では、17歳の設定なので幼い感じに演じてました。
演技が上手すぎるよ!


ちなみに・・・映画に関係ないヲタ話ですが、
ワタシの推しメン♡ジヌ君が、
『CALL ME BY YOUR NAME』のパロディーで
美容誌のグラビアを撮っていて。。。とってもびっくりしました。
f0008555_22172334.jpg

『CALL ME BY YOUR WINNER』ですって。。。
f0008555_22380611.jpg

ジヌ君とゆんちゃん。
30歳も間近なアラサーのジヌ君。10代に見えます・・・
若返りの薬でも飲んでるのかな??

by fiorita44 | 2018-05-17 22:46 | 映画・本 | Comments(0)

乙女座の位置で満月です/遊びの為の整理整頓

本日もFioritaフィオリータにお越しいただき
誠にありがとうございます。

ホロスコープを読んでみると。。。
2018年3月2日 9:51頃 乙女座の位置で満月です。
太陽は向かい側の魚座に居ます。

今回の満月はとってもシンプルですね。
f0008555_22222349.png
自由に振舞う事・楽しい事・遊びを優先してもいいのに、
それに対して、いちいち「理由」や「意味」を求めてしまいがちです。
物事は意外とシンプルです。
いろいろ考えずに楽しめばいいのに・・・
なかなか気持ちが定まらずに、
心の中に「遊び」を持たせる余裕がない場合は、
とにかく何かを整理整頓してみるといいかもしれません。
自分のタイムスケジュールでもいいし
価値観でも、人間関係でも・・・・
なるべくなら目に見えるモノを整理整頓するよりは、
目に見えないモノを整理整頓した方がいいかもしれません。

そして、11ハウスの魚座に惑星が集中しています。
今まで見た事のない世界・・・
感じた事のない感覚を体験したいのであれば、
外へ出て、より沢山の人に話を聞きにいくのもいいかもしれません。
逆に、自分が信じている方からの助言や言葉を、
いつもより集中して耳を傾けるのもよいかも。
いずれにしてもキーワードは「他者の言葉」。
他者の言葉は、聞き流さずに咀嚼する事。

そして、今だけではなく「これから」という、
近未来に目を向ける事も重要になってくるようです。

先日、『グレイテストショーマン』を観てきました。

f0008555_22490579.png
ワタクシ、ミュージカル映画は苦手だと公言しているわりには、
かなりの頻度でミュージカル映画を観に行ってしまっている(汗
とはいえ、ヒュージャックマンの映画は「レ・ミゼラブル」以来です。
相変わらずの安定の演技に、観ていて安心出来ました。
(実際に、ミュージカル俳優だったからかもしれません。)

ヒュージャックマン演じる、バーナムの流れは・・・
まさに今回の乙女座満月のムードと似ていました。

最初は、好奇心・自分のワクワク感だけで行動していたのに、
だんだんとそこに「意味」や「価値」を求めだしてしまう。
楽しいという気持ちで動いていたからこその面白さだったのに・・
そうなった結果・・・(まだ、公開中なのでここまでにします)

とりあえず今時期、楽しいという気持ちを大事にしてみましょうね。


【占星術の講座を開催いたします(^^♪】
↑ご興味のある方は、こちらをご覧くださいませ♡


by fiorita44 | 2018-03-02 23:03 | 映画・本 | Comments(0)

冥王星と土星に挟まれた月/活性酸素は菌から守るけど老ける

本日もFiorita・フィオリータにお越しいただき、
誠にありがとうございます。
バタバタしていたら・・・
あっという間に4~5日経っていてびっくりしました。

まだまだお風邪引いてらっしゃる方多いですね。。
お大事にして下さい。

マッチョJ先生が、lesson中によくお話ししていますが、、、
「活性酸素が多く出るとアンチエイジングの邪魔をするけど、
活性酸素が出ないと風邪を引きやすいよー」
老化もさせるけど、菌から身体を守る役目もある活性酸素。
つまり、全然運動しないのは最悪ですが、
立ち上がれなくなる位の激しい運動も最悪だという事ですねーー
塩梅が難しい。自分にとっての適度が解るといいですね。

確かに・・・
マッチョJ先生が言う通りに、適度・適切に運動すると、
激しすぎないのにかなりの汗もかくし
身体の必要な部分にトレーニングが効果を及ぼしてるのが解るし、
毒素が抜けていくような感じもあります。

風邪を何度も引いたり、インフルにかかりまくっている方は、
ご自身の日々の運動量を見直すといいかもしれません。
特に運動習慣のない方は、せめていつもよりも多く歩くなど、
何かしらのアクションを起こす事で、乾燥と寒さに負けず
健康に乗り越えていけるのだと思います。

さて、ホロスコープを見てみると
月が山羊座のお部屋で、土星と冥王星に挟まれている。。。
息苦しい・・・
f0008555_17302164.png
でも、60度の角度から月を見ている海王星が
苦しさを少し開放してくれる感じがあります。

何故こんなに息苦しくて居心地が悪いかというと、
社会的なモラルに縛られ、
規則や規律を強いられるムードがあるからかもしれません。
真面目で堅実なタイプの方にとっては、
違和感なく着々と進んでいける時だと思います。
前だけを向いて、歩んでいかれるといい。

でも、、、自由を愛するタイプの方にとっては、
カタイムードを押し付けられているような、
しんどい時かもしれません。
今までの型にこだわらなくていいのだと思います、。
どうぞ、新しい方・軽やかな方をお選び下さい。

先日、新作のスターウォーズを観てきました。
賛否両論激しいですね。。。

そこかしこに感じる世代交代に何とも言えない気持ちになりました。
何であっても・・・
歴史の長いものを、新しい時代に沿わせて
変化させるという作業はとても難しいんだな。と思いました。

SWもそうですが、先程のホロスコープの話も含み、
何かを新しくリニューアルしていくという事は、
勇気も必要だし、大変な作業なんだなぁ・・・と、
とても考えさせられます。

占いサイトにて2018年の開運記事を書かせていただきました。
→ 2018年 開運特集記事(外部サイトになります)


by fiorita44 | 2018-02-12 22:03 | 映画・本 | Comments(0)

ニッコロ・マキャヴェッリあるいはチェーザレ・ボルジア

本日もFioritaにお越しいただき、誠にありがとうございます。

天上界と地上界のゲートがつながる特別な蠍座満月となりました。
黄金色で美しい月ですね。月明かりが綺麗です。
先程まで、東京タワーが気をきかせてか?
満月を引き立たせる為にか?てっぺん付近の電気が消えていました。

その月もmidnightを過ぎた頃、射手座に移動していきます。
『火』が味方をしてくれます。
やりたい事や、成したい想いのある方、
思考するより、身体と心を動かして。
フットワークの軽さとアツイ気持ちが、
好機を手にするキーかもしれません。
幸運の拡大を司る木星が采配を振るってくれそうです♡


ニッコロ・マキャヴェッリの『君主論』に、
『周囲周到であるよりは、むしろ果断に進むほうがよい。 
なぜなら、運命の神は女神であるから、
彼女をわがものにしようとすれば、打ちのめしたり、
突きとばしたりすることが必要である』と書かれています。
更に『運命は、冷静なやり方をする者より、
こういう人たちに勝利を得させるようである。』と・・・


この一文は、塩野夏生氏の
「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」
の目次裏に乗っている、『君主論』からの抜粋文です。
f0008555_23282592.jpg

私的には、特にマキャヴェッリが好きな訳ではないですが、
チューザレが大好きなので、この一文がとても心に響きます。
そして、今のムードによくマッチしている。
(塩野氏が書くチェーザレが好きなので、何度も読み返してます。)

今は果断に進む事が大切なのです。きっと。
慎重さや用意周到さが美徳とされる時期も勿論ありますが、
今時期、チャンスの波に乗る為には、
カラダやココロの赴くままに行動する事が大事なんだなぁ・・・
と、ホロスコープを見て感じました。

思考するより、動くのよ。。とてもシンプル。
思考癖のある方、特に気をつけて・意識してみて。。。


Fiorita 眞理 072.gifフィオリータHP072.gif
☆ご予約可能時間をチェック出来ます☆
☆ご予約フォーム☆
最後まで読んでいただいて、ありがとうございます053.gif
応援クリック励みになります↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村

↑ 皆様ありがとうございます053.gif


ヘアケア ブログランキングへ


美容室・サロン ブログランキングへ

↓鑑定士としてのblogです。



072.gifメール占い鑑定のご依頼はこちらから↓ 
『メール占い専門館 鑑定士 月吟乃』です。
無料登録してからご依頼して下さいませ。
直ぐに占って欲しい時や、対面では話せない事もお気軽にお話し下さいね。




by fiorita44 | 2017-05-11 23:38 | 映画・本 | Comments(2)

「マネーモンスター」を観て

フィオリータにいらっしゃる方は、映画好きが多いです。
映画レポートを発信すると喜んでもらえるので、、、
頻繁に記事にさせていただいてます☆

先日、ジョディ・フォスター監督の「マネーモンスター」を観てきました。
ジョージ・クルーニーとジュリアロバーツが主演と聞いて
「ラブコメじゃん??」と、先入観を抱いてはダメです。

一瞬、軽いストーリーに感じますが、
シーンのそこかしこに、重要な社会問題を含んでいました。

「ドタバタアクションハリウッド」を期待すると肩透かし。
「株で失敗した庶民を救う」ようなヒーローモノでもない。

わかりやすいようで…わかりにくい感じに、
世界の様々な問題を提起していました。

お金の動きの裏側や、
人々の無関心。
様々な媒体から流されている情報を鵜呑みにしてしまう危うさ。

SNSなどで、人々は他者や物事に関心を示しているように見えても、
本質的な所は知ろうとしないケースが多々。

経済や社会の動きに敏感であるべきだというメッセージを感じました。
裏の裏は表である。

IQ132の頭脳と才能、美貌を兼ね備えている監督は、
我々に伝えたいコトが沢山あるようだ。

近々、同じくIQ132のニコール・キッドマンと
ジュリアロバーツが主演の映画が公開されるので、
そちらも楽しみです。

f0008555_21381337.jpg


Fiorita 佐野眞理 072.gifフィオリータHP072.gif
☆ご予約可能時間をチェック出来ます☆
☆ご予約フォーム☆
最後まで読んでいただいて、ありがとうございます053.gif
応援クリック励みになります↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村

↑ 1位です。皆様ありがとうございます053.gif


ヘアケア ブログランキングへ


ヘアケア・スタイル ブログランキングへ


072.gifメール鑑定受付中です(外部サイト)
メール占い専門館 鑑定士名・月吟乃(つきの)

072.gif公開無料タロット鑑定をやっています
→『タロット読み師です』

072.gifタロット鑑定士として占術についてブログを書いています
→『タロット読み師・月吟乃の鑑定Room』
by fiorita44 | 2016-06-22 10:17 | 映画・本 | Comments(0)

映画『スポットライト』を観て

公開前から絶対に観ようと思っていた
『スポットライト』を観てきました。
アカデミー獲得作品です。

ストーリーは全編を通して、地味に淡々と進んでいきます。
f0008555_21271744.jpg

事実を元にしているからかもしれませんし、
あまりにも繊細な内容を扱っているからかもしれません。

とにかく静かに物語は進行していくのですが、
この一つの映画の中に、
本当に沢山のストーリーが詰まっていました。
宗教・民族・報道・・・など。

勿論、日本人でも特定の宗教を信仰している方々が多数居ますが、
ワタシも含め、我々日本人の多くは無神論者をきめこみ、
よろずの神々を崇め祈り・・・
初詣にも行くけど、
クリスマス・ハロウィン・イースターもあり。
イベントとして楽しんでる。

なので、教会の立ち位置や地域による信仰の度合いも
ピンとこない場合が多いかもしれません。

そして、今でこそ日本国内で
多々多くの外国人が暮らすようになっていますが、元々は島国。
本質的な「よそ者」として、
コミュニティーを外側から見つめるという事は少ないかもしれません。

でも・・世界の多くの地域で
このようなテーマで問題が起こっているという事実があります。
そんなセンシティブな問題が絡み合いながら、
事件が徐々に明るみになっていきます。
明るみになるといっても、あまりにも扱いにくい問題なので、
簡単には進みません。

難しい取材活動であるにも関わらず、
果敢に進んでいく記者チーム。。
彼らの仕事への熱意に思わず涙してしまいました。
仕事に限らず、何かをやり遂げるという事はこういうことなんだと、
思いっきり見せつけられました気がします。
いろいろ考えさせられ、
思わず、自分自身を振り返りました。。

そして、弱者の立場。
被害にあった子供達は特定の家庭環境や思考パターンがあったそうです。
(映画の中では、詳しく説明されてました)
「弱者」 対 「絶対権力」
そういう現実があるという事も目の当たりに。

後、重要なのは報道の裏側・真実。
これは、アメリカに限らず・・日本人にも大切なテーマであり、
一つに情報を鵜呑みにしてしまう恐ろしさを、
もう一度よく考えるべきだと思いました。

深い映画でしたが、
なんだか物凄く沢山の事を教えてもらったような気がします。

実際のエピソードとして、
ヴァチカンの新聞が本作を
「映画『スポットライト』は反カトリック的ではない」
と、コメントしたそうです。驚きました・・・
時代が変わってきたという事でしょうか?

ワタシは西洋史が大好きで、占星術も学んでいるので
教会がいろいろな事に関与するという話に馴染みがありましたが、
まさか・・現代にもその闇が続いていたとは。。
驚き悲しい事実です。
光の部分があり、それと同じく闇がある。

感想を述べるのが難しい作品ではありますが、
ヒューマンドラマやドキュメンタリーを好む方には
とってもおすすめな映画です。



Fiorita 佐野眞理 072.gifフィオリータHP072.gif
☆ご予約可能時間をチェック出来ます☆
☆ご予約フォーム☆
最後まで読んでいただいて、ありがとうございます053.gif
応援クリック励みになります↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村

↑ 1位です。皆様ありがとうございます053.gif


ヘアケア ブログランキングへ


ヘアケア・スタイル ブログランキングへ


072.gif公開無料タロット鑑定をやっています
→『タロット読み師です』

072.gifタロット鑑定士として占術についてブログを書いています
→『タロット読み師・月吟乃の鑑定Room』

072.gifメール鑑定受付中です(外部サイト)
メール占い専門館 鑑定士名・月吟乃(つきの)
by fiorita44 | 2016-05-10 20:48 | 映画・本 | Comments(0)

映画「キャロル」を観て・心に従うというコト

キャロルを観ました。
ワタシはケイトブランシェットが大好きなので、
必ず観ようと思っていたのですが、
何気に、賞レースにエントリーされていた話題作だったのですね。
(アカデミーは、諸事情で逃したようですが)
f0008555_16281679.jpg

先日みた「リリーのすべて」も、性別を超えたストーリーでした。
偶然にも同時期に同じようなテーマ・・

「キャロル」は女性同士の恋愛を描いていましたが、
同性愛がテーマという訳ではありませんでした。

自分らしく生きていきたい。という主人公達の
儚げに見えるようで、強さを秘めたような心の動きが印象的であり・・
それは、劇中の「心に従って生きなければ人生は無意味」という
キャロルのセリフにも象徴されていました。

舞台は50年代のアメリカニューヨーク。
同性愛は犯罪とされ、忌むべき精神疾患とされ、
(「リリーのすべて」でも、精神科を転々とさせられてて衝撃でした。)
ひたすら良き妻・良き母を求められる時代。
本心を曝け出す場面がなかなか得られない。

そんな時代に、心の赴くまま・魅かれるままに
恋愛を禁じられた相手と恋に落ち、
自分の為に自分の人生を生きようと、もがき苦しつつも・・・
自我を完成させていく女性の姿が、静かで美しい描写で表現されていました。

最初、テレーズは
「自分が求めているものも解らずに、yesとしか言えない。noが言えない」
と言っていましたが、経験を重ねていろいろな事を見聞きして・・
ラストシーンでは、自分の意思で本当に望むものへ行きついていました。

ステレオタイプの良き女性像が望まれる時代に、
「自分らしさというもの」の意味も解らずに生きてきたテレーズを、
目覚めさせたのはキャロルなのでしよう。

とても生きづらい時代を潜り抜けてきた彼女達の生き様に、
違う意味で生きづらい現代に生きる私達も、
何かを重ねられるような気がしました。

監督はインタビューで、
この映画を同性愛を主体に描いたのは「比喩」だと語っていました。

条件や状況、様々な事はさておいて。。恋とは落ちるもの。
劇中のセリフにも「人は理由なく惹かれるものさ」と。

本当に惹かれる相手を大切に思う事も、
時として「自分」を表現する手段の一つなのかもしれません。。。



Fiorita 佐野眞理 072.gifフィオリータHP072.gif
☆ご予約可能時間をチェック出来ます☆
☆ご予約フォーム☆
最後まで読んでいただいて、ありがとうございます053.gif
応援クリック励みになります↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村

↑ 1位です。皆様ありがとうございます053.gif


ヘアケア ブログランキングへ


ヘアケア・スタイル ブログランキングへ


072.gif公開無料タロット鑑定をやっています
→『タロット読み師です』

072.gifタロット鑑定士として占術についてブログを書いています
→『タロット読み師・月吟乃の鑑定Room』

072.gifメール鑑定受付中です(外部サイト)
メール占い専門館 鑑定士名・月吟乃(つきの)
by fiorita44 | 2016-04-20 14:01 | 映画・本 | Comments(0)

「リリーのすべて」を観て。。愛について考える

今、上映中のトム・フーパー監督の「リリーのすべて」を観ました。
実話が元となっているそうです。
f0008555_2028241.jpg

トム・フーパー監督の作品、
「英国王のスピーチ」も「レ・ミゼラブル」も号泣だったので・・
今回も感動モノだろうな~とは思っていましたが、
想像以上に心にくるものがありました。
最後のシーンは涙涙で、エンドロールがよく見えない状態に・・・

主人公のアイナー(リリー)の生きづらさも気の毒に思いますが、
妻のゼルダの気持ちを考えると、本当に切なく胸がきゅんとなります。

夫だった男性が女性になり、女性になるだけならまだしも・・・
彼(彼女)は支えてもらう事を望み、それに精一杯に答える彼女。
最後は、母親のような姉妹のような関係になってはいましたが、
そこに至るまでに、どれだけの葛藤とストレスがあったことやら。

でも・・本当の愛は、男女間を超えていくのだと思い知らされました。
人間として、ここまで深く愛せる存在に巡り合えたゼルダは
幸せだったのかもしれませんね。

リリーが逝ってしまう時
「(ゼルダからの)大きな愛を受ける資格がない」
(うら覚えなセリフですが)と言っていたので、
リリーも自分の望みばかりになってしまっていた事は、
気付いていたのかしら。。。
ワタクシ・・そこで、号泣です。

今朝、ちょうど・・・
トランスジェンダーでアスリートである若者の記事が
新聞に載っていました。
皆が自分らしく生きれる時代が確立されるといいですね。
それぞれの生き方を、違いを。。。
受け入れられるような柔軟性が大切だと思います。



Fiorita 佐野眞理 072.gifフィオリータHP072.gif
☆ご予約可能時間をチェック出来ます☆
☆ご予約フォーム☆
最後まで読んでいただいて、ありがとうございます053.gif
応援クリック励みになります↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村

↑ 1位です。皆様ありがとうございます053.gif


ヘアケア ブログランキングへ


ヘアケア・スタイル ブログランキングへ


072.gif公開無料タロット鑑定をやっています
→『タロット読み師です』

072.gifタロット鑑定士として占術についてブログを書いています
→『タロット読み師・月吟乃の鑑定Room』

072.gifメール鑑定受付中です(外部サイト)
メール占い専門館 鑑定士名・月吟乃(つきの)
by fiorita44 | 2016-04-13 20:20 | 映画・本 | Comments(0)


恵比寿・代官山のsalon  Fiorita
記事ランキング
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
Fioritaフィオリータ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
最新のコメント
検索
お気に入りブログ
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧