人気ブログランキング |

Fiorita フィオリータです。



『風景画の誕生』 in Bunkamura@渋谷

先日、渋谷Bunkamuraで開催されている
「ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生展」を観てきました。
『風景画の誕生』 in Bunkamura@渋谷_f0008555_18125357.jpg

『風景画』というテーマだけならきっと足を運ばなかったかもしれませんが
『風景画の誕生』というテーマにときめいてしまいました。
『風景画の誕生』 in Bunkamura@渋谷_f0008555_1813122.jpg

風景画の好きな日本人も多いですし、
風景画の歴史が長い日本の概念からすると。。。
「風景画がいつ誕生したの?」というよりは、
普通に空気のように自然な主題として、
「誕生時期」については疑問を待たないかもしれません。

しかし、意外かもしれませんが
西洋では「風景画」というジャンルが確立されたのは、
17世紀オランダ。案外、最近なのです。
それまでは、宗教画、肖像画、神話、、、
それらの作品が大半を占めていました。
(全部私の好きなジャンルなので、今まであまり風景画を意識した事がありませんでした)
しかし、風景は自然やその時代の風俗を知る大切なキーだったのかも!
と、今回の展覧会を観て深く感じたのであります。。。

参考までに・・・フランス王立アカデミーでの絵画の順位づけは以下の通り。。。
1位:歴史画
2位:肖像画
3位:静物画

要するに、ランクの悪い主題を書いても、
画家達の地位も上がらず、収入にもならない。
そんなこんなで、風景画はないがしろにされていたのですね。きっと。

第2節のテーマは、「1年12カ月の月暦画中に現れる風景」でした。
いわゆるカレンダーなのですが、
その月に沿った、人々の暮らしが
大きなキャンヴァスに書かれている。
表情や動作だけでも季節を感じられますが、
空の色や木々の紅葉具合、その時々の植物が描かれた「風景」は
なんと重要な役割を担っていたのでしょう!かなり感動です。

そして、占星術が好きなワタクシにとって、
それぞれの絵画の天空にその月を象徴する星座が描かれていたコトにも
胸がキュンとしてしまいました。
庶民の暮らしが中心に描かれている月暦画なので、
全く華やかさはないのですが、
そこに描かれている人物の生き生きとした表情を見ていると、
まるで自分まで、当時を生きていた気分にさせられました。
本当に素晴らしいです・・・

風景画といっても、宗教画や神話をモチーフにした絵画も沢山展示されています。
いろいろな意味で、一見の価値あり。かもしれません。
あまり有名な画家の作品はありませんでしたが、
ティツィアーノが1点ありました(笑)

娘へのお土産はコレ!
『風景画の誕生』 in Bunkamura@渋谷_f0008555_18133265.jpg

ウィーン美術史美術館の回廊の模様のマスキングテープ053.gif
模様一つひとつが素敵。。。☆
このテープで勉強ノートをデコったら、気分も上がるのではないかしら・・



Fiorita 佐野眞理 072.gifフィオリータHP072.gif
☆ご予約可能時間をチェック出来ます☆
☆ご予約フォーム☆
最後まで読んでいただいて、ありがとうございます053.gif
応援クリック励みになります♪↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村


ヘアケア ブログランキングへ


ヘアケア・スタイル ブログランキングへ
皆様、応援して下さってありがとうございます053.gif

タロットBlog 日々更新中♪↓

無料鑑定やタロットの事をいろいろ書いてます。「タロット読み師です」

天然石とカラーセラピーについてご紹介してます「fiorita天然石とカラーセラピーの事典」

我が家の3羽+1羽のうさぎの親ばか日記「うさぎとおしゃべり」


無料鑑定やってます。
072.gifきつね先生のサイト 卒業生リーディング072.gif

072.gif11月のワークショップのお知らせです072.gif
カラー診断とホロスコープ読みを同時に体験出来る少人数制ワークショップです☆
ご自分に必要な色やご自身を表現する惑星の意味を知りたい方は必見053.gif
↓ 詳細はコチラ。
2015年11月15日(日)恵比寿にて「色と星のコラボワークショップ」
by fiorita44 | 2015-10-16 18:18 | アート | Comments(0)
<< ミネラルとヒアルロン酸☆強化し... 恵比寿にて。。。強面な音楽Ba... >>


恵比寿・代官山のsalon  Fiorita
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
記事ランキング
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
Fioritaフィオリータ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
最新のコメント
検索
最新の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧